新型コロナウイルス感染症(COVID-19)発生について 続報2

先日掲載いたしました、新型コロナウィルス感染症(COVID-19)発生について 続報

その後の経過となります。

【経過】※以降続報2

≪9月29日(火)≫
隔離室※1 にて介護業務を行っていた職員2名のPCR検査を行う。

≪9月30日(水)≫
内1名から陽性反応があり、保健所の指導の下、自宅待機とする。

またもう1名については陰性でしたが、保健所の指導の下、濃厚接触者との判断で自宅待機とする。

 

※1 感染疑いがある利用者様、もしくは陽性と判明した利用者様を搬送するまでに隔離を行う部屋となります。

 

【対策と現状】

現在当施設におきまして職員4名、入所者様2名から

新型コロナウイルスの陽性が出ております。

上記6名は現在、利用者様1名に関しては容態が落ち着き、感染リスクが低いとの入院先の病院の判断により、再入所されています。

職員1名に関しても、健康観察期間終了にて感染リスクが低いとの保健所の判断にて、出勤しております。

職員3名については自宅待機、利用者様1名については入院中となります。

発症者ですが、すべて1Fの利用者様と1Fフロアの職員及び隔離室での介護を行った職員となります。

隔離室は、出入り口もすべて分けており、隔離室での介護業務を

行っていた者は他の利用者様及び職員との接触はございません。

現在の対策としては、引き続きリハビリ業務の一時休止、職員のフロア間移動制限

保健所からの指導に基づき、

マスク、ガウン、手袋、フェイスシールド、手指消毒、換気、利用者様と職員の健康観察を

徹底しております。

また健康観察期間ですが、保健所の判断により、10月7日までとなっております。

新たな情報が入りましたら更新いたします。

Posted in ブログ, お知らせ.